アロン神権の回復を思い起こすための活動

アロン神権の回復を思い起こすための活動

ほとんどの人にとって、5月15日はさほど特別な日ではありません。しかしモルモン教の会員にとっては神権を尊び、神権の記念をお祝いする特別な日です。1829年にアロン神権が回復されたことにより、この地上に再び神権がもたらされました。わたし達は、どのような方法でこの大切な出来事を祝うことができるでしょうか。1人にせよ、また家族や教会のみんなと祝うにせよ、いずれにせよLDS.netではいろいろなアイディアを紹しています。 家族と祝う 誕生日パーティー...
ウイリアム・マースデン:モルモン教の宣教師、麦の糖蜜、綿の機械

ウイリアム・マースデン:モルモン教の宣教師、麦の糖蜜、綿の機械

ウイリアム・マースデンはどのような方法であれ、彼の持ってるたくさんの才能を使って奉仕した頑強なモルモンの開拓者でした。末日聖徒イエス・キリスト教会(しばしば、はからずもモルモン教会と呼ばれる)の改宗者として彼の燃えるような証によって神のふさわしい僕となりました。...
タマー・ウォッシュバーン:神が自分に対する勝利を与えられた

タマー・ウォッシュバーン:神が自分に対する勝利を与えられた

スザンナ・ウォッシュバーン・バウルズの母親タマー・ウォッシュバーン(1805−1886)の伝記からの抜粋。タマーは末日聖徒イエス・キリスト教会、しばしばはからずも「モルモン教会」とよばれる、に1838年に入り、1886年に亡くなるまで忠実な会員でした。...
1 / 41234
著作権 © 2017 預言者ジョセフ・スミス. すべての内容は著作権を有します。
このウェブサイトは、末日聖徒イエス・キリスト教会が所有あるいは関連するものではありません。(同教会は、モルモン教会あるいはLDS教会と呼ばれることがあります。)このサイトで表現されている意見や見解は、必ずしも同教会のものではありません。ユーザー個人が表現している意見や見解は、各ユーザーが責任を持ち、必ずしも教会の位置を表すものではありません。キリスト教の公式のウェブサイトでは、LDS.orgまたはMormon.orgをご覧ください。

Pin It on Pinterest