エライアス・ヒグビー

モルモンの歴史人名録より エライアス・ヒグビーは1795年,ニュージャージー州ギャロウェイで生まれました。彼は1832年に末日聖徒イエス・キリスト教会の会員(時にモルモンと呼ばれます)になりました。その頃,オハイオ州シンシナティに住んでいましたが,彼はバプテスマを受けるために当時モルモンが住んでいたミズーリ州ジャクソン郡まで旅をしました。その後,家に戻った彼は,翌年,家族と共に聖徒と合流するためにジャクソン郡に引っ越しました。...

続きを読む

ウィリアム・ハンチントン

モルモンの歴史人名録より ウィリアム・ハンチントンは初期の末日聖徒イエス・キリスト教会(教会員はしばしばモルモンと呼ばれます)の会員で,勇気と信仰により困難に立ち向かった模範です。...

続きを読む

ボイド・ケネス・パッカー

ボイド・ケネス・パッカーは末日聖徒イエス・キリスト教会(しばしば誤ってモルモン教会と呼ばれます)の十二使徒定員会の会長です。 子供時代 ユタに定住したモルモンの開拓者の伝統と,イエス・キリストの福音に生きるという強さと,勇気と,決意の特質を先祖から受け継いだボイド・ケネス・パッカーは生涯においてそれを体現してきました。 1924年9月10日にユタ州ブリガムシティーにてアイラとエマ・ジェンセン・パッカーの間に生まれ,11人きょうだいの10番目で5人目の息子でした。...

続きを読む

ロレンゾ・スノー

ロレンゾ・スノーは1814年4月3日,オハイオ州にて父オリバーと母ロゼッタ・ペティボーン・スノーの間の7人の子供の5番目として生まれました。最初の2人の子供が生まれた後,ロレンゾの両親は新天地を求めてニューイングランドからアメリカ辺境地帯のオハイオ州へ移り住みました。...

続きを読む

ジョセフ・スミスによる癒しについての個人的な証

個人的な話のファイルより ジョセフについての想起:マーク・L・マッコンキーにより新たに出版された『預言者ジョセフ・スミスを知る人々の個人的な思い出』にはジョセフ・スミスとかかわりあう機会を持った人々の個人的な話が複数載せられています。ベンジャミン・ブラウンは自分が重い病気の時にジョセフ・スミスから癒しの祝福を受けた経験を分かち合いました。...

続きを読む

パーリー・P・プラット

モルモンの歴史の人名録より パーリー・P・プラットは初期のモルモンの使徒であり,執筆者でもありました。1807年4月12日にニューヨーク州,バーリントンにてジャレド・プラットとチャリティー・ディケンソンの間に生まれました。プラット家は巡礼者を先祖に持っていました。家族の引っ越しがたび重なったため,彼はあまり教育を受けることができませんでしたが,たくさんの本を読み,自ら熱心に学びました。...

続きを読む

J・ゴールデン・キンボール―たぐいまれなモルモンの使徒

2013年1月2日,テリー・リン・ビットナー 使徒ファイルより J・ゴールデン・キンボールは1853年ユタ州ソルトレイクに生まれたモルモンの指導者です。父親はヒーバー・C・キンボールで母親はクリスティーン・ゴールデンです。幼少時代は非常に貧しく,後にカウボーイ,御者として働きましたが,これが後に彼が「口の悪い使徒」として知られる道に導いたのです。キンボールは1886年七十人に召されました。七十人はイエス・キリストの特別な証人として奉仕します。彼は1938年に85歳で亡くなりました。...

続きを読む

トーマス・B・マーシュ

モルモンの歴史の人名録より トーマス・B・マーシュは破門されるまで,末日聖徒イエス・キリスト教会の使徒として一時の間,奉仕しました。彼は最終的には教会に戻りました。 彼は1799年にマサチューセッツ州においてジェームズ・マーシュとメアリー・ローの間に生まれました。1820年にエリザベス・ゴドキンと結婚し,食糧雑貨販売業を始めました。それが失敗に終わると,ボストンに移り,活字鋳造所で7年間働きました。...

続きを読む

オーソン・プラット

モルモンの歴史の人名録より オーソン・プラットは1811年9月19日にニューヨーク州ハートフォードで,ジェレド・プラット,チャリティー・ディケンソンの間に生まれました。彼は1814年から1822年までニューヨーク州コロンビアシティーのニューレバノンで暮らしました。そこで冬の間は学校に通い,算数と簿記を学び,夏には,農場での仕事をしました。余暇には,聖書を学んでいました。...

続きを読む
4 / 512345
著作権 © 2017 預言者ジョセフ・スミス. すべての内容は著作権を有します。
このウェブサイトは、末日聖徒イエス・キリスト教会が所有あるいは関連するものではありません。(同教会は、モルモン教会あるいはLDS教会と呼ばれることがあります。)このサイトで表現されている意見や見解は、必ずしも同教会のものではありません。ユーザー個人が表現している意見や見解は、各ユーザーが責任を持ち、必ずしも教会の位置を表すものではありません。キリスト教の公式のウェブサイトでは、LDS.orgまたはMormon.orgをご覧ください。

Pin It on Pinterest